カウンター 忍者ブログ

ビジネススキルトレーニングのすすめ

株式会社ペンサール・ストラテジック・パートナーズ 衣笠と申します。 弊社では、企業様の課題解決の企画・実行をさせて頂いており、 このブログではその考え方や手法をご紹介できればと考えております。 何卒、よろしくお願いいたします。

一年の計は…

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

一年の計は…

一年の計は元旦にあり…
 
明けましておめでとうございます!
作者です。
 
だいぶ遅くなりましたが、今年も宜しく
お願い致します。
 
本日は人材系の企業様に、計4回の社員研修の
3回目を行っております。
 
問題解決のCaseStudyを解説しながら実践して
もらうのですが、目からウロコの解答続出で
いい勉強をさせて頂いております。
 
さて、本題ですが昨年の反省と今年の目標を!
 
①会社
・反省
色々とバタバタだったのが反省です(笑)
登記から税務に関してまで全て素人だったので、
周りの諸先輩方にだいぶ迷惑を掛けてしましました
(現在進行形)。
この恩はしばらく返し続けても返せないくらい
大きいです。
 
サービスに関しては、◎!
設立当時全く想定していなかった案件に対し
価値を出せたのかなと感じております(現在進行形)。
 
・目標
本当は『飛躍!』と行きたいところですが、今年は
引き続き足場固めの時間として使うことを前提に、
顧客へのサービスの質を上げるインプットに投資
しようと思います。
 
ただ一つだけ変えるとしたら、今のマーケットから
離れて東京方面での活動に注力したいなと考えて
おります。
理由は北海道という地域においても雇用や教育は
東京や大阪を中心に考えている経営者が多いからです。
残念ながら札幌という街においては、ビジネススキルを
学ぶ機会は滅多にないですし、また学習意欲の
高い人材ほど若いうちから外に出る傾向に
あるようです。
 
東京での活動を中心にしつつ、北海道の支社や
支店、また道内企業の皆様にいいサービスを
提供できるスキームを年内で構築します!
 
 
②個人
・反省
禁酒を守れなかったことが一番の反省点です。
ただ言い訳ですが外でお酒を飲むことは前より
少なくなりました。
というよりはほぼ無しと言ってもいいくらいです。
母親に飲み過ぎて『バカ!』と叱咤されていたのが
遠い昔の事のように感じます(笑)。
 
・目標
特になし。
強いて言うなら最近フェイスブックの普及で
連絡をとるようになった同級生や元同僚に
会うことですかね。
中学校の同級生がみんな変わりなく仲がいいのは
微笑ましいのですが、果たしてそこに入っていいかは
少々疑問(?)。
ほとんどの人が15年会ってないからみんな
老けてるのかな?とか、会ったら何言われるのかな?って
興味津々ですが…
 
 
①、②を踏まえ結論としては地道に足場固めを徹底するです。
今まで勉強しなかった戦略論(ポーターとか今更)、新人層の
研修レジュメ(あったけど難しすぎ!との声)、プレゼンの
研究(できてるつもりだったのが恥ずかしい)、旧友との
連絡(これだけレベル感ちゃうか)と、今更かよってことに
どんどん時間を割いていきます。
 
それでは本年も宜しくお願い致します!
 
 
編集後記
 
改めまして、明けましておめでとうございます(クドッ)!
 
「最近更新ないよねっ」と言われたのが年末で、
「もうやめたの」と言われたのが年始でした(笑)。
 
やめたのではなく力を貯めていたと解釈して頂ければ
此れ幸い…
 
さて、最近力を入れています(仕事上必須になった)のが、
TOC(制約理論)やJIT(ジャストインタイム)の理解と
実践です。
これがなかなか理論としてはわかるんだけど、実践すると
とんでもない難しいもので、クライアントには
『当たり前にやって!』
と、言いつつも毎日くるレポートを見るのが戦々恐々…
(もしこれうちの会社のことかって思ってもシカトして下さい!)
 
経営幹部や現場管理がわかってても机上の空論になっちゃう
もんだから、研修にもだいぶ時間かけないと大変。
ただ結果は思ったより早く出てきてるので、色々な
業種に応用できるのは間違いない!
いやーやっぱゴールドラットとトヨタすげー!!!
 
あと個人的に好きなのはゴーンなんだけど、なかなか
具体的な手法を見せない。これはもしかしたら
特別なことをやるのではなく当たり前のレベルを
とんでもないとこに持って行ったのかなって思う
けど、ゴーンくる前もそこそこ高いから違うのかな~?
 
一つ言えるのは徹底的な現場主義。
前に新聞に出てた記事で、コスト管理がスピーディーに
改善できるように、現場に決定権を与えて日々よりよい
打ち手を打てる仕組みがある。これで現場は毎日血眼に
なってアイデア出したり、取引先を探したりできる。
決定権を現場が持つって経営者の皆さんはどう思いますかね??
 
社長 「怖くてできない!」
 
@作者『いやいやだから社員の育成なんですよ!』
 
って言ったら嫌らしいですか?(笑)
 
それではまた!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村     ↑ ポチッとお願いします!

 


 

拍手[0回]

PR

コメント

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

忍者カウンター

リンク

プロフィール

HN:
衣笠 仁
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/11/28
職業:
代表取締役
趣味:
音楽 旧車
自己紹介:
株式会社ペンサール・ストラテジック・パートナーズ
衣笠と申します。
色々な方のご支援・ご協力の下、この度
会社設立の運びとなりました。
これからは今までの恩返しと、これからの
人材育成に努めていきたいと思います。
皆様どうぞよろしくお願いいたします。

最新コメント

[09/19 ビジネスマナー]
[08/31 作者]
[08/30 稼ぐルーカス]
[08/29 作者]
[08/28 野村]

アンケート

ブログ村

ブログ内検索

バーコード

忍者アナライズ