カウンター 忍者ブログ

ビジネススキルトレーニングのすすめ

株式会社ペンサール・ストラテジック・パートナーズ 衣笠と申します。 弊社では、企業様の課題解決の企画・実行をさせて頂いており、 このブログではその考え方や手法をご紹介できればと考えております。 何卒、よろしくお願いいたします。

ゼロベース思考

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ゼロベース思考

こんにちは!

今回は「ゼロベース思考」についてお話します。
前回の記事を見た方ならわかると思いますが、
既成の概念を超えること=ゼローベース
です。

ではポイントを解説
①自分の枠で否定しない
②CS(顧客思考)

①ですが、まずゼロベースの一番の天敵は自分だということ。
例えば会議で何かを提案したとき、
「それはダメじゃない?」
と、言われ「やっぱそうだよな」と釈然としない気持ちで会議を終えた経験は
誰しもあると思います。
しかしこの時の釈然としない気持ちを「まあいっか」ではいつまでも
ゼロベースで考えることはできません。
この時に自分の既成の枠(経験・知識からくる考え)をすっとばして、
思いっきり視点を広げることで解決策が見えてきます。(図で考えると簡単です)
もし今何か課題を感じている人は、是非解決策はあるという前提で思いっきり
自分が普段考えない、想像もしないようなことを考えてみてください。
必ずベターな解決策はあります。
ただ当然ですが、最初はすごく頭が疲れますし、ストレスにもなります。
習慣化するまで努力してみましょう。

②ゼロベースがピンとこない方は、CS(顧客思考)を思い浮かべましょう。
例えばあなたが保険のセールスマンだとして、
「このお客様にあった保険」
を考えるのは当然です。
会社ではそういう風に指導されているし、自分自身そういう売り方をしたいと考えています。
しかし、実際の現場では自分の成績を考え、あれを売りたいとか、これもつけたいと
考えてしまいがちです。
この時にお客様の立場のみにたって考えてみることがゼロベースへの
近道です。
そうすると自社のサービスのたった1つ提案できるかもしれませんし、1つも提案できない
場合もあるかもしれません。
しかしまずはそれでOKです。
こんなことを言うとバカかと思われそうですが、実際のビジネスの現場では良くあることだと思いますし、当然できる営業マンは顧客をマネジメントして何かしら買ってもらうと思います。

今回のまとめですが、
ゼロベース思考=自分自身のタガをはずし最善策・解決策を発見する
ということです。
是非皆さんもビジネスに生かして結果を出してみてください。

追記
イチローはカレーやめたそうです。
Yさん情報提供ありがとうございます。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

忍者カウンター

リンク

プロフィール

HN:
衣笠 仁
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/11/28
職業:
代表取締役
趣味:
音楽 旧車
自己紹介:
株式会社ペンサール・ストラテジック・パートナーズ
衣笠と申します。
色々な方のご支援・ご協力の下、この度
会社設立の運びとなりました。
これからは今までの恩返しと、これからの
人材育成に努めていきたいと思います。
皆様どうぞよろしくお願いいたします。

最新コメント

[09/19 ビジネスマナー]
[08/31 作者]
[08/30 稼ぐルーカス]
[08/29 作者]
[08/28 野村]

アンケート

ブログ村

ブログ内検索

バーコード

忍者アナライズ